Education

教育・研修制度

教育・研修に対する考え方

「技術力 × 人間力 = 総合力」

お客さまからは、課題解決に向けたエンジニアの高い「総合力」を評価いただいています。

メイテックグループは、エンジニアの力を「技術力」 × 「人間力」 = 「総合力」ととらえています。なぜなら、お客さまから、メイテックグループのエンジニアに対し、市場ニーズに即した「技術力」を求められるだけでなく、信頼性、人間性などの「人間力」も、同時にご要望を頂いていると認識しているからです。
お客さまから選ばれて、「技術力」を発揮するためには、業務上の的確なコミュニケーション能力を主体とした「人間力」も重要な要件としています。
また、「技術力が高いこと=価値の高い技術」ではなく、「市場から求められること=価値の高い技術力」という考え方に基づいて、個々のエンジニアの各技術分野における市場ニーズに即した「技術力」の向上を図ることを、会社とエンジニアの共通の目標としています。

研修体系

区分 技術力向上の施策 人間力向上の施策
自己啓発型 個人でスキルを向上する研修 技術認定試験等
・資格取得の奨励金
・eラーニング、通信研修の補助、社外研修
教え合う研修 ・グループ研修、勉強会
・準アドバンス研修
・ハイエンド研修
・アドバンス研修
・グループ研修、勉強会
・準アドバンス研修
会社主導型 ・導入研修(新卒入社者、未経験入社者、キャリア入社者)
・教訓研修
・カスタマイズ研修
・導入研修(新卒入社者、未経験入社者、キャリア入社者)
・フォローアップ研修 Ⅰ
・フォローアップ研修 Ⅱ
・階層別研修

研修実績

年間講座数

500

機械系CAD台数

120

電気系・マイコン系機材台数

700

研修施設数

13カ所

研修に参加した先輩たちの声

分野を選ばず自身で好きなものを選択して学べるので、憧れの業務に携わるために必要だと感じるものを積極的に受講しています。

30代女性 機械設計技術職

研修を通じて、ビジネスシーンにおけるコミュニケーションを学ぶことができたのは大きかったです。いち社会人としての自信を得るきっかけになりました。

20代男性 電気・電子設計技術職

今までは研修を受ける身でしたが、今後は講師として若手を育成していきたい。心構えから技術まですべてを伝え、後進を育てたいですね。

50代男性 機械設計技術職

キャリアの事だけでなく、ライフイベントについても聞くことができ、キャリアステップの具体的なイメージがわきました!

20代女性 化学系技術職

技術の向上につながるだけでなく、エンジニア同士で交流の輪を広げることもできる。周りの仲間の仕事内容や活躍を知ることは、大きな刺激になります。

20代男性 電気・電子設計技術職

メイテックフィルダーズには自分が身につけた知識を次に伝える風土があります。私も講師として、どんどん実践的な研修を増やしていきたいですね。

30代男性 マイコンシステム設計技術職

研修事例

会社主導の研修:3D-CAD研修、電気回路の考え方、C言語によるシリアル通信・モータ制御、ネットワーク構築入門、プロジェクトマネジメント研修等

エンジニア主導の研修:自動車ティアダウン研修、パスタブリッジ研修、空圧研修、プレゼン資料勉強会、技術発表会等

その中でも好評を博している2つの研修をご紹介いたします。

PICK UP

01

からくり装置制作研修

設計対象となるからくり装置の映像を参加者全員で鑑賞し、決められた設計条件の下、チーム単位でアイディアを出し、装置の計画・設計・制作・動作評価を行う研修です。この研修は、日々の業務の進め方の振り返り、エンジニアとしての自身の課題を発見してもらうための機会として企画されました。参加者からは、「限られた時間と材料で、ビー玉を受け渡す機構を考えなければならないため、着手前の検討と計画・設計の大切さを感じることが出来た」という声があがりました。

PICK UP

02

モノづくり体感型研修

各チームごとに「おもちゃメーカー」としてロボットの企画、設計開発、原価売価計算、製造、販売(仮想)までを行います。設計経験が浅い参加者には、設計技術の習得、楽しさや難しさの体験を、設計経験者にはリーダーとしてのチーム牽引力や調整力を習得してもらうことを目的としています。クラウドファンディング、販売会を想定したチーム戦も行い、いかに投資を募るか、購入してもらえるか論理的な考え方も養います。「モノ作り会社のしくみを理解し、実践する為に必要な事、地頭力、主体性を伸ばしてもらえれば」と主催者の田中さんも語ります。