常にやりたいことに挑戦する


メイテックフィルダーズだからできること

電気・電子設計技術職
1991年 新卒入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

電子工学を学ぶ。さまざまな製品分野に挑戦すべくメイテックフィルダーズを選択。

STEP.2

1年目~

自動車、半導体、カメラなど、多種多様な製品分野8社を経験。
携わった研修は、50回を超える。

STEP.3

22年目

9社目での業務は、デジタル一眼レフカメラの仕様検討。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

さまざまな製品分野に挑戦し
“面白い”エンジニア人生を送りたい

さまざまな製品分野に挑戦したい。やりたいことを見つけたい。そんな想いから、技術者派遣の道を選びました。就職活動をしたのはもう昔の話ですが、正直、短い就職活動期間の中では自分に何が向いているのか分からなかったことを覚えています。
入社してから今まで、多種多様な製品分野に挑戦できたことは自分に合っていたなと感じています。そして入社前の想像以上だったのは、エンジニア個々のキャリアを尊重してくれる会社だということ。営業担当が「ぜひ高木を推したい」と言ってくれ、経験のない私にチャンスが回ってきたことも。自動車センサー、変電所のシステム、半導体…と、挑戦の連続のなか常に向上心を持って仕事に取り組めました。振り返ると、就職活動の時に思い描いていた以上に、面白いエンジニア人生になっています。

現在の仕事

カメラ開発の最前線で
さまざまな製品分野での経験を活かす

現在、私が携わっている業務はデジタル一眼レフカメラの仕様検討。数年後に発売するカメラの開発コンセプトを形にしていく、開発における最上流部分の仕事を任せていただいています。回路設計や制御プログラムなど、これまで培ってきた開発の知識や経験をいかし、一から仕様を作れるのはとても面白いものです。さらに自分が開発したものが、世に出た時の達成感は格別ですね。
私のキャリアを振り返ると、変電機器の制御システムの検査、スタッカークレーンの設計、ASICの設計、アニメーションのオーサリングなど非常に多岐にわたっています。さまざまな製品分野の経験を積んだ私だからこそできる多角的な視点や発想を武器に、開発現場に新しい風を吹き込む——それこそが、私の役割だと考えています。

今後挑戦したいこと

若手エンジニアに
仕事の本当の面白さを伝えたい

エンジニア業務と並行し、2010年頃からエリアデザイナー※として研修講師の活動にも注力しています。講義では、受講者が楽しく学べることを大切にしていますね。例えば、基礎的な測定方法やグラフ作成方法の講義の後に、「ラジコンをいかに速く走らせるか」という課題に取り組むなど。参加したエンジニアが、楽しみながら横のつながりを感じてくれたり、現場で使える実践的な知識を身に付けてくれた時は、とても嬉しくなります。
一方で自分自身も得られたものが大きく、プレゼン能力やチームマネジメントを学ばせてもらっています。これからも研修を通して、若い社員たちにエンジニア人生の面白さを伝えていきたい。もちろん私もチャレンジを続けていきます。生涯プロエンジニア®として、私の生き方が若手の支えや目標になるようにしたいですね。

※エリアデザイナー:勉強会や研修、イベントなどの活動を中心となって進めるリーダーの役割を担うエンジニア