エンジニア同士のつながりが


キャリア形成の支えになっています


マイコンシステム設計技術職
2017年 キャリア入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

中国の電子科学大学でコンピューター科学と技術について学び、卒業後は自動車部品を受託開発する日系の企業に就職することに。

STEP.2

4年目

日本の技術者派遣会社に就職した先輩に誘われ渡日。自動車部品メーカーに配属され評価・テスト業務を行う。

STEP.3

8年目

メイテックフィルダーズに転職し、大手自動車部品メーカーで四輪操舵の制御装置開発を担当。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

取引企業のすそ野が広く
教育制度も充実していて
エンジニアとして成長できそうだと感じました

中国で生まれ育ち、大学ではC言語やJavaなどのプログラミングについて学びました。卒業後は中国のメーカーに就職し、主に自動車部品の試験・テストを担当。また、日本の自動車メーカーから委託されて、トランスミッションの設計も行っていました。そんな時、当時の先輩が日本の技術者派遣会社に転職したんです。その人から紹介を受けて、私も先輩と同じ会社に転職を決めました。もともと日本のアニメやゲームが好きで、日本で働くことに憧れがあったのです。

憧れの地で働き始めたものの、契約社員としての働き方だったため、将来に不安を感じ、就職事情について調べたところ、取引企業のすそ野が広く、教育制度も充実していて、エンジニア同士のつながりも深いメイテックフィルダーズを知り、この会社に転職したいと考えました。

現在の仕事

世の中にまだ出ていない
最先端技術に携われることがうれしい

メイテックフィルダーズに入社した後は自動車部品メーカーに配属され、四輪操舵に関わる基板の制御設計を担当しています。ここでは新製品の開発業務を行っており、まだ世の中に知られていない最先端の技術に携われることができているので、エンジニアとしてやりがいを感じますね。

この部品は世界中の自動車メーカーで使われるもので、メーカーからもらう仕様書は英語で記載されています。まずはその内容を正確に読み取ることから始め、分からないことは調べながら作業を進めます。新製品ですから参考になるものがなく、開発は試行錯誤の連続。自分が作った部品で自動車がちゃんと動くのかどうか不安に感じることもありますが、その分、自分が手がけたモノが形になったときは本当にうれしいですね。

今後挑戦したいこと

仲間との絆、会社の支えを糧に
いつかはゲームの開発に携わりたい

今までずっと自動車関連の開発業務を担当していますが、いつかは憧れていたゲームの開発に携わりたいという想いがあります。メイテックフィルダーズにはそのために必要となる画像の作り方などの技術を学べる研修もあるので、積極的に受講し知識を蓄えていきたいです。

もちろん、今まで手がけてきた自動車の制御技術とは異なる面も多いため、実現するのは簡単ではありません。ですが、メイテックフィルダーズには技術的なことを教えてくれるエンジニアも、キャリアアップを支えてくれる営業もいます。また、私のように海外から来たエンジニアも少なくなく、エンジニアとしてどのようなキャリアを歩んでいけばよいか、日本での生活についても親身に相談に乗ってくれます。こうした多くの仲間がいることが、自分の支えになっています。これからも研修やイベントを通してさまざまな人たちと交流を深め、知識を吸収していき、エンジニアとしていつまでも成長していきたいですね。