エンジニアとして、母として


どちらも理想を追求していく

機械設計技術職
2012年 キャリア入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

工業高校の情報技術科を卒業後、短期大学の港湾流通科に進学。エンジニアにも興味を持つ。

STEP.2

3年目

短期大学卒業後、営業職に従事するも設計エンジニアとして働きたいと感じ、技術者派遣会社に転職。設計補助やテストなどの業務を経験。

STEP.3

12年目

機械設計をやりたいという自身の望むキャリアが実現できず、メイテックフィルダーズへ入社。機械設計エンジニアとして再出発。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

社員を大切にしている
メイテックフィルダーズであれば
設計業務に挑戦できると思いました

設計の仕事に携わっていた姉の影響で、私も学生時代から「エンジニアの仕事ってやりがいがありそう」と感じていました。ただ、新卒入社したメーカーでは営業部門に配属。それでも、どうしても設計がやりたいという思いが捨てきれず、設計補助や評価、CADオペレーターなど様々な経験を経て、少しずつ設計の道に近づいていきました。そんな時働いていたある大手メーカーに、メイテックフィルダーズのエンジニアが多く配属されていて。みなさん楽しそうに仕事をしていて、何より印象的だったのが、リーマンショックが起きたときに一人もリストラしなかったこと。メイテックフィルダーズであれば設計業務に携われるだけでなく、社員を大切にしてくれる。そんな温かい会社に入りたいと思い転職したんです。
実際入社してみて、エンジニア同士のイベントがあったり、営業がキャリアプランについて親身に相談に乗ってくれたりと、本当にいい会社だなと感じました。人とのつながりを大切にしつつ、キャリアアップを目指していける環境ですね。

現在の仕事

遠回りはしたものの
着実にキャリアアップを実感しています

今は建設機械メーカーで、フォークリフトの開発に携わっています。具体的には、フォークリフトの、モノを持ち上げる「爪」部分の設計を担当しています。私の場合営業など異職種を経て現在のポジションにたどり着いたこともあり、まだまだ知識が不足しているなと思うことも少なくありませんが、その反面技術面での新しい発見や、仕事の面白さは人一倍感じられていると思います。また以前から3DCADを用いた図面設計に関心があり、自主的に学んでいたのですが、現在その知識が活かせる仕事に携わることができ、着実にキャリアアップできているなと感じますね。
一方で、メイテックフィルダーズはプライベートも大切にできる会社。私自身入社後に2度の出産を経験し、育児休暇を取得しましたが、復帰後も営業のサポートは手厚かったですね。時短で働きつつ設計業務ができる会社に配属してもらうなど、こちらの状況に合わせて最適なキャリアパスを考えてくれました。おかげで仕事との両立ができていますよ。

今後挑戦したいこと

家庭を支えつつ
大好きな設計も続ける
「カッコいい女性エンジニア」に

現在は2児の子育て真っ只中で、家庭を大切にしながらもエンジニアとして働いています。私としては仕事と家庭を両立しながら、エンジニアとして更に成長していくことが目標ですね。
また将来的に取り組んでみたいのは車体設計です。子供のころから自動車やバイクのフォルムの美しさ、カッコよさに魅かれ、自分もそれを生み出す仕事をしてみたいと思っていました。ただそのための知識や経験はまだまだ足りないので、今は、週末に行われている社内の研修で知識を補っているところです。構造設計や板金、溶接など、最低限身につける必要があることは習得したいですね。分野を問わず自身で好きなものを選択して学べるので、将来的に必要だと感じるものを積極的に受講しています。
いつか憧れの車体設計の仕事をしつつ、家庭もしっかりと支えられるような「カッコいい女性エンジニア」になれたらいいなと思いますね。