お客様の課題をエンジニアとの


協働を通じて解決しつつ、


エンジニアの成長も支援


営業としてやりがいのある業務ができる


営業職
2014年 キャリア入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

大学では経営学部で企業経営やマーケティングを広く学ぶ。

STEP.2

1年目

東海地方を基盤とする地方銀行に入行。営業としてひたすら数字を追い求める毎日。

STEP.3

3年目

メイテックフィルダーズに入社し、15社の企業と60名ほどのエンジニアを担当。企業とエンジニア両方をサポート。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

営業として数字だけでなく、
人材の育成サポートができる点に
魅力を感じました

前職は地方銀行で営業業務を担当していました。人とコミュニケーションをとりながら進める営業の仕事は好きでしたし、目標の数字を達成するためのプロセスを考えるのは面白かったのですが、数字だけを追うやり方に疑問も持ち始めていました。数字だけではなく、+αの価値を生み出す仕事ができないかと。銀行もビジネスモデルが変わりつつあり、競争が激化していくなかで不安を感じていた部分もあって、転職を考えるように。

そこで目にとまったのがメイテックフィルダーズです。エンジニアのキャリアアップ、キャリア支援に力を入れていると聞き、営業という立場で人を支えていくことに魅力を感じたのです。また、グループとして東証一部に上場しており、規模も大きく働く上で安定した基盤があることも心強かったですね。

現在の仕事

エンジニアのサポート業務全般を
やらせてもらえる環境
責任とともにやりがいも大きいです

メイテックフィルダーズの営業は、お客さまとエンジニアという二者を相手にします。お客さまに対しては、それぞれの企業が抱えている課題や悩みに対して、人材派遣という方法を用いてソリューション提案し課題解決を支援。エンジニアに対しては配属先を定期的に訪問し、情報共有や意見交換をしています。この仕事の面白さは、営業担当が裁量権を持って業務出来るところ。エンジニアのパートナーとして、思いを理解し目標に向かってどうすべきかを一緒に考える。また、お客さまの要望にいかに応えていくかを考え行動する。業務内容は幅広いですし、エンジニアのキャリアに寄り添って長期的にサポートしていくので簡単ではありませんが、その分責任もやりがいも大きいですね。モノづくりを行うエンジニアを支える仕事なので、製品が世に出るという成果が目に見えてわかるのも醍醐味ですよ。

今後挑戦したいこと

お客様とエンジニア
双方の要望を叶えるために
チャレンジし続けます

営業として大切なのは、市場や社会の流れを把握したうえで、お客さまに適切な提案をしていくこと。お客さまが望む条件に100%マッチする人材を派遣することは難しいですが、交渉時にできること・できないことを明確にし、お客さまの要望に少しでも近づけるように努力しています。その点、メイテックグループには1万人以上のエンジニアが在籍していて、提案の幅は豊富にありますし、多くの企業の情報を得ることができるため、市場や社会の動向もつかみやすい。これは、営業としては非常に恵まれた環境だと感じています。

また、営業として一人ひとりのエンジニアの思いに寄り添える存在でありたいとも思います。単にエンジニアの配属先を決めるだけなら、仕事は簡単です。そうではなく、エンジニアが実現したい未来をともに見据え、どのようなキャリアを積めばそれが形成できるのかを考えサポートしていきたい。

お客さまの要望に応えながら、エンジニア自身の成長にもつながっていく。どちらもWIN-WINな関係になれるよう、今後もチャレンジし続けていきたいです。