技術と人を理解し、


最適なマッチングを実現する。


営業職
2016年 新卒入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

大学で経済学を専攻。就職活動ではモノではなくサービスを提供する営業職を志望。

STEP.2

1年目

メイテックフィルダーズに入社。OJTで人材ソリューションの基礎を学び、現場へ。

STEP.3

4年目

3年間で12社の新規開拓に成功。模索し続けた自分の営業スタイルが見えてくる。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

社員同士のつながりがある
会社だからこそ
お客様へ提供できるサービスは無限大

就職活動では、“モノを売る営業”ではなく“サービスを提供する営業”を志望していました。サービスは、自らの提案次第で大きな効果を生み出すチャンスがあると考えていたからです。なかでも、目にとまったのがメイテックフィルダーズ。日本の技術力を支えているエンジニアをサポートすることで、企業の成長や技術の発展に寄与することができる。これほど壮大でおもしろい営業はほかにないと思いました。

さらに、メイテックグループは技術者派遣業界の最大手。イベントや研修を通して、社員同士のつながりを大切にしている点も魅力的でしたね。ただエンジニアを派遣するのではなく、エンジニアとのつながりを大切にしながら、エンジニア目線でお客さまに最適なサービスを届けられる。きっとやりがいがある仕事だと感じ入社を決めました。

現在の仕事

お客さまの潜在的なニーズを読み解き
エンジニアとお客さまの
双方に貢献する

メイテックフィルダーズの営業には、営業活動、労務管理、キャリアサポートの3つの役割があると考えています。お客さまへ貢献できる部分を模索しながら、フィールドを広げていく。契約内容をしっかり把握し、エンジニアが実力を発揮できる環境を整える。エンジニアと一緒になって5年後10年後のキャリアを考える。どれも欠かせない役割です。

そして、この3つの役割を全うし、お客さまの成長とエンジニアのキャリアアップの双方を実現できたときは、本当にやりがいを感じますね。最近も、ある求人をいただいたのですが、よく話を聞いてみるとお客さまが考えている部分と違うところに潜在的な課題があると思ったんです。お客さまにその課題を伝え、解決方法をご提案したところ、「組織力が強化されて助かった」と喜んでいただき、同時に配属したエンジニアのキャリアアップにもつながりました。潜在的なニーズを読み解くことで、結果的にお客さまにもエンジニアにも感謝される。それこそがメイテックフィルダーズの営業のやりがいだと思っています。

今後挑戦したいこと

環境に左右されることなく、
最適なマッチングを
実現できる営業担当に

実は来月、別の営業拠点への異動が決まっています。求められる技術や所属するエンジニアは拠点によって異なるため、もちろん提案の仕方も変わってきます。まずは、新しい拠点の市場等を分析することで違いを理解し、私なりの戦略を立てていくことが直近の課題ですね。

そして長期的な目標は、自分の営業スタイルを確立すること。メイテックフィルダーズには目標とする先輩方がたくさんいるので、その先輩方の良いところを見て学び、自分の形にしていきたいです。最終的には、どこの営業拠点でも最適なマッチングを実現できる営業担当になり、私が確立した営業スタイルを後輩にも伝えていけたらと思っています。