充実した研修、エンジニア仲間とのつながり


そうした環境だから、未経験でも設計業務に挑戦できる

電気・電子設計技術職
2015年 キャリア入社

CAREER STEP

STEP.1

学生時代

卒業研究では回路設計、製造、プログラミングの知識を応用して住宅用火災警報器を作成。

STEP.2

1年目

空調機メーカーに入社。サービスエンジニアとして空調機の修理、メンテナンスを担当。

STEP.3

7年目

メイテックフィルダーズに入社後、溶接装置メーカーに配属。造船関係、建機メーカー向け溶接装置などの電装設計を担当。

メイテックフィルダーズを選んだ理由

意欲があればスキルアップできる。
エンジニアとして理想的な環境がありました。

社会人として最初に入社したのは、空調関係の会社でした。担当は、オフィスや工場のエアコン回りの保守メンテナンス業務。給排水衛生などさまざまな業務を行っておりました。サービスエンジニアとして業務していた当時もやりがいは感じていましたが、仕事をする中で「もっとこういうふうに設計すれば、メンテナンスをする側も楽なんじゃないか」と考えるようになり、日に日に上流工程に携わりたいという気持ちが大きくなっていったのです。
ですがその頃の私は、20代半ばにして設計の知識が全くない状態。上流工程の仕事に就くにはどうしたらいいのかと模索していた時に出会ったのが、メイテックフィルダーズでした。とにかく研修制度が豊富で、未経験の私でも学びながら成長できるため、まさに当時の自分には理想的な環境でした。また研修やイベントでエンジニア同士の繋がりも自然とできるので、そこで情報交換ができることも、働く上で安心材料になりましたね。転職する際は多少不安もありましたが、挑戦するなら若いうちに飛び込もう!と決心した当時の決断は、正しかったと思います。

現在の仕事

実務や研修を通じて一歩ずつ前進
エンジニアとして成長を実感しています

メイテックフィルダーズに入社してから現在まで、同じ配属先でキャリアを積んでいます。配属された先は、溶接装置のメーカー。造船向け溶接装置の電装設計を経て、現在は建機メーカー向けの溶接ロボットの電装設計をしています。基本的には上流の設計業務がメインですが、ときには装置の調整作業や据付工事といった工程まで行うこともあります。設計から据付まで業務を一通り行えたことは非常に貴重ですし、幅広い業務に携われるのがメイテックフィルダーズの良さだと思います。
こうした様々な経験を経て、今でこそ多くの課題に対処できるようになりましたが、入社した頃は素人同然の状態でした。なので入社後すぐ、シーケンスソフトの使い方など現場での基礎知識を身に付けるための研修に参加。当時全くの未経験者だった私にとって、社内の教育環境が整っていたことは非常に大きかったですね。おかげで配属前にある程度不安を払拭できましたし、配属後はお客様にも認めていただくことができました。今なお同じ配属先で働き続けていられるのも、研修を通じて一歩ずつ前進してきた結果だと思います。

今後挑戦したいこと

さまざまなスキルを身につけ
将来的にはエアコンの設計を

今は電気設計エンジニアとして、基礎から応用まで学んでいる段階です。自分の成長を感じられるのは面白いですし、メイテックフィルダーズは頑張った分だけ評価してくれる会社なので、非常に高いモチベーションで働けています。そうしてスキルを磨いていき、ゆくゆくは前職で関わっていたエアコンの設計に携わることが目標ですね。電気系統などメーカーによって仕様が変わるため非常に複雑ですが、だからこそやりがいもあるはず。その設計を行うことが今の大きな目標です。
 また業務以外では、所属の営業所にて開催する勉強会、研修会の企画や、営業所の活性化を支援するエリアデザイナー※を務め、他のエンジニアの成長をサポートしています。色々なタイプのエンジニアと出会えるので、知識や視野が広がります。また自分の業務に関連する研修を企画することで成長できていると実感できるので、今後も積極的に関わっていきたいです。

※エリアデザイナー:勉強会や研修、イベントなどの活動を中心となって進めるリーダーの役割を担うエンジニア