Top Message

株式会社メイテックフィルダーズ

代表取締役社長 下村 浩二

 メイテックフィルダーズが設立されたのは1979年。そこから現在に至るまで、我々の想像を遥かに越えるスピードで、技術は長足の進歩を遂げてきました。その結果様々な製品やサービスが生まれ、我々の生活は加速度的に豊かなものとなってきました。そして今後もAIやIoTの進化により、産業界や日常の生活は更なる変化を見せ、その変化の速さや度合いもまた、我々の想像を超えるレベルとなります。

 こうした世の中にあって、技術の根底を支えるエンジニアという職業の重要性は今後ますます大きくなっていきます。そして数ある企業の中でも、定年を迎えるまでプロエンジニアとして活躍できる会社、それがメイテックフィルダーズなのです。実際既に定年を迎えたエンジニアがおり、今後もさらにプロエンジニアとして定年を迎えられる社員が増えていきます。これこそ常に会社とエンジニアが向き合い、仲間同士が支えあってきたからこその証し。そしてこれからも、エンジニアの想いを実現する機会や場を提供し続けていきます。

 当然、技術力のみではプロエンジニアとして生きていくことはできません。メイテックフィルダーズで定年を迎えたエンジニアに共通しているのは、高い技術力に加え高い人間力も備えていることです。エンジニアに求められる技術力は、時代とともに変わっていきますので、その変化に対応する力や柔軟性も求められます。仕事は1人で完結するものではなく、多くの人と関わりながら進めていきますので、人間力も求められます。確かな「技術力」と、優れた「人間力」。これらを兼ね備えたプロエンジニアを育てていき、日本の製造業の「ベストパートナー」となるために、そしてエンジニアにとって豊かな「エンジニア人生」が実現できるように。私たちメイテックフィルダーズはこれからも挑戦し前進し続けてまいります。