「設備設計」との偶然の出会いに感謝。

KENTO YUASA

湯浅 健人
機械設計技術職 

工学部 機械工学科卒
2013年新卒入社

実務はやはり、簡単ではなかった。

就職活動では、いろんな会社を見て回りました。この製品を設計したいという希望があれば、業界や会社を絞れますが、確たるものがなかったんです。その点、いろんな製品を設計できるメイテックは、魅力的でした。設計するものを1つに絞りこまなくていい。航空機や自動車、家電など、入社後の選択肢はいくらでもある。その幅広さに惹かれ、入社することに決めました。最初の配属先で担当したのは、自動車エンジンのピストンリング。エンジン性能を高める重要部品です。任された解析の業務は思っていた以上に難しく、苦労しました。英語版しかないCADなので、読めないし、操作もままならない。奮闘する日々にやりがいを感じつつも、個人的には、もっと実力をつけなきゃなと思った現場でした。

2年目で、医療機器の製造装置を設計。 鍛えられた。

次に担当したのは、医療機器メーカーの設計業務。入社2年目で設計ができるなんて、チャンスだと思いました。別の会社に着任した同期も言っていました。「早く図面を書いて、設計できるようになったほうがいいよ」と。医療機器の部品をつくる設備の設計業務を担当することになりました。また違うCADを覚えるところから入り、そのお客さま独自の図面の書き方も教わりました。車から医療へと業務が変わり、戸惑うこともありました。人の体に入る機器ということで、その部品には小型化が求められます。当然、製造装置にも高い精度が求められます。小さくするのとトレードオフで、原料費は高くなります。品質とコストのバランスをとりながら、生産効率をいかに上げられるかという挑戦でした。開発には2年間、携わりました。設計したものが現場に納入され、実際に手で触れたときは、うれしかったですね。無事導入できてほっとしました。

設計スキルが身についた。
やりたいことも見つかった。

確実に設計力は向上しました。こういった形状ならつくれる。この表面の粗さ加減なら、こういう指示を出せばきれいになる。そういった判断がすぐできるようになりました。また以前は、図面上では問題なくても、実際につくるとネジが締まらない、部品が入らないというケースがよくありました。公差の目算が甘かったんです。今では、だいたい見当がつくようになりました。当面の目標は、「設備設計ならなんでもできる」という人になることです。「それ、湯浅くんに聞けばわかるよ」と言われるような。こんなふうに、設備設計の楽しさに目覚めるなんて、思いもよりませんでした。学生の頃は、機械設計といったら、製品の設計しか思い浮かびませんでした。でも、こうして設備設計という分野に出会うことができたのは幸運でした。働きながらやりたい分野を見つけることができるのが、メイテックならではのメリットだと思います。