エンジニアであり、2児のママでもあり。

MAKI TAKEYAMA

竹山 麻樹
機械設計技術職 

工学部 機械サイエンス学科卒
2009年新卒入社

結婚による転勤希望にも、柔軟に対応してくれた。

東日本大震災に見舞われ、製造業が大打撃を受けていた頃。私はちょうど関東で、次のプロジェクトへの配属を待っている状況でした。当時、付き合っていた人は神戸勤務で、ゆくゆくは結婚する予定。震災の影響が少ない西日本のほうが、比較的案件も多いらしい。そこで、神戸に転勤したい旨を、思いきって営業に伝えました。この転勤が叶わなかったら、会社を辞めざるをえないかもしれない。覚悟のうえでの相談でした。結果、無事神戸のプロジェクトへ配属。ほっと胸をなでおろしました。全国に顧客基盤を持つメイテックだから、柔軟に対応してもらえたんだと思います。そして何より、私というエンジニア1人のために動いてくれる営業の存在が大きかった。本当にありがたいことです。望んでいた通り、職を手放すことなく結婚することができました。

2度の出産を経ても、キャリアアップできる。

神戸での配属先は、プラントの設計補助業務。設備の設計や強度評価の補助などを担当しました。今度はそこで、2度の出産を経験しました。メイテックには育児関係の制度がかなりしっかり整備されています。とはいえ、実際利用したときにお客さまからどう思われるか、気がかりではありました。ご迷惑をかけてしまうんだろうなと。でも、その心配は杞憂に終わりました。メイテックのお客さまは、私たちのような外部から来るエンジニアに対しても、産休・育休を取得することに理解がある会社が多いんです。私の場合も、全く問題なく取得させてもらいました。2度目の育休から復帰した今は、新しいお客さま先で設計業務を担当しています。紆余曲折があったので、実はCADを扱うのはこれが初めて。でも、幸いなことに、メイテックは研修制度がとても充実しています。遅れを取り戻すために、利用し尽くすつもりです(笑)。

ママになって、支え合いの文化を実感。

メイテックに入って良かったこと。それは、人に恵まれたことです。私の場合、結婚にともなう転勤や、2度の産休・育休取得を相談させてもらいました。そのたびに営業が親身になって話を聞いてくれたり、新しいプロジェクトを紹介してくれたりしました。新しい業務についてわからないことがあったときは、先輩エンジニアが力を貸してくれます。わかりやすく的確なアドバイスに、何度も助けてもらいました。こういったサポートは、入社時からありましたが、ママになってより一層身にしみました。メイテックの財産は人だなと、つくづく思います。制度だけでなく、周りから支えてもらえる環境もあってこそ、女性にとって働きやすい会社なんだと思います。ちょっとした悩みをどんどん相談できる空気って、とても大事なんですよね。大変なことは今後も多いと思いますが、この恵まれた環境でがんばっていきたいと思います。