化学系エンジニアの活躍の場を広げたい。

NATSUMI KOBAYASHI

小林 奈津美
化学系技術職 

工学研究科 工業化学専攻卒
2007年新卒入社

化学系エンジニアとして、電気系メーカーへ。

「えっ、電気系のメーカー?」配属先を聞いて戸惑いました。てっきり化学メーカーに配属されるものだと思っていたんです。担当製品はICカード。正常に読み取れない、決済できないなど、不具合のあったICカードを分析し、その原因を突き止め、報告書にまとめる業務とのこと。化学の知見が不可欠ということで、化学を専攻していた私に、白羽の矢が立ったのでした。当初は、電気系の製品が想像もつかなかったので、不安でした。ところが、やってみると、これがなかなかおもしろい。まず、ICカード自体に興味をそそられたんです。見た目からは想像もつかないくらい、実はものすごく高度な技術が詰めこまれていて。本にもネットにも載っていない最先端のノウハウが、こんな身近な物の中に隠されていたんだなと驚きました。

化学のスキルで、 自分の居場所を切り拓いた。

何よりうれしかったのは、電気分野なのに、化学のスキルが重宝されたことです。たとえば、ICカードの材質の強さを調べるとき。こういう材質だから曲げやすい、割れやすいといったことが、化学を学んできた私には直観的にわかります。電気系の人から、「すごいね、よくわかるね!」と褒められたこともありました。カードを薬剤に浸し、不具合が生じないか調べるときも、薬剤の取り扱いに慣れているので、チームのメンバーから頼りにされました。電気系の知識は社員の方から教わり、なんとかついていくことができる。逆に化学系の知識は周りにアドバイスし、役に立つことができる。配属時の不安は消え、自分の居場所をつくれたことに喜びを感じました。また、学生のときと違って、明確な目的のもとデータをとり、それを商品に活かせます。自分の携わったカードが世に出るのを、間近で見ることもできます。本当に仕事が楽しいと、心から思いました。

新しい世界への扉が開いた。

「化学系の人は、化学・医薬・化粧品・食品関連のメーカーで、基礎研究するんでしょ」そんなイメージを抱いている人も多いと思うんです。学生時代の私もそうでした。でも実際は、機械系や電気系のフィールドでも、居場所をつくっていける。むしろ、希少な人材として活躍できる。このような気づきを、メイテック社内の業界研究会で定期的に話し、参加者に協力を仰いでいます。営業に対しては、そういう視点も加味して会社を探してくださいと。機械系・電気系エンジニアに対しては、着任先の会社で化学系エンジニアのニーズがないか、ヒアリングしてくださいと。現在、お客さま先におけるメイテック社員の代表を務めています。代表者連絡会※で機械系・電気系の代表者とも意見を交わすのですが、視野が広がるし、いい刺激をもらっています。こういった交流の場があることも、メイテックのエンジニアにとっては大きな財産であり、活躍の場を広げるきっかけになっています。

※代表者連絡会…エシジニアに対するフォローや連絡事項・事務手続きの取り纏めを担う「代表者」を勤務先ごとに選定。代表者を拠点に集め開催する会議を、代表者連絡会という。