人生を180度、変えてくれた。

MASAHIKO SAKAKIBARA

ELECTRICAL AND ELECTRONIC DESIGN

榊原 匡彦
電気・電子設計技術職 

理工学部 電気電子情報工学科卒
2015年キャリア入社

なんとなく就職して、失敗。
そんな自分でも、再チャレンジできた。

新卒入社した空調メンテナンス会社を、わずか1年半で退職。エアコンの修理・保守・点検を繰り返すルーティンワークにやりがいを見出せなかったんです。転職活動を始め、やりたいことを模索しているとき、合同説明会でメイテックを知りました。自分の手で新しいものをつくりだす仕事って、おもしろそうだ。新製品の開発に、深く関わってみたい。設計未経験だけど、技術研修も手厚い。いつか一人前のエンジニアになれるんじゃないか。そんな希望を抱き、入社することに決めました。その後、入社時研修ではすごく鍛えられました。お客さま先での対応力を鍛えるようなコミュニケーション研修でしたが、全員が発言をしなければいけない。もともと人前でのスピーチは、顔が真っ赤になってしまうほど苦手。でも、その研修で克服することができたんです。お客さま先に行く自信もつきました。

お客さまから表彰された。
ゼロからの生産ライン立ち上げに成功。

配属されたのは三重県のお客さま先でした。その現場で、自動車エンジン部品の生産技術を担当。初めて見た生産ラインのスケールに圧倒されました。この先やっていけるのだろうかと、不安になりました。でも、人に恵まれた。お客さま企業のみんなからかわいがってもらったんです。メイテックの営業も、「現場にはもう慣れた?」とちょくちょく連絡をくれて。不安な気持ちをケアしてもらい、本当に救われました。一番印象深い仕事は、ある車種の生産ラインの立ち上げ。ゼロから取り組んだその車は、のちに国内売上台数1位に輝くほどの人気車種。想定の倍以上の生産台数が求められ、現場はピンチに。既存の生産ラインでは対応しきれなくなり、制御の仕様や設備のレイアウトを見直すことで対処しました。メーカー、商社、他部署と連携し、要求台数をクリア。お客さまの部署内の表彰で、奨励賞をいただけたことは、夢みたいにうれしい出来事でした。

営業が、必死でサポートしてくれる。
一人ひとりの人生まで考えてくれる。

三重のお客さま先は最高でした。このままずっと働いていたい。そう思っていたのですが、結婚や家庭の事情が重なり、千葉に引っ越さなければならなくなりました。そのことを会社に相談したところ、三重の担当営業やEC長※、千葉の営業が手を尽くしてくれ、千葉のお客さま先に異動させてもらいました。三重を去るときは、お客さま企業の方々や、よくしてくれた先輩、一緒に仕事をした商社やメーカーが送別会を開いてくれて、その温かさに号泣しました。そして、千葉に異動してからは、大手電機メーカーで生産設備の制御設計を担当。誰もが知る商品の製造に大きく関わっている点にやりがいを感じています。この2年を振り返ると、激動の日々でした。研修で自分を変えることができたし、全力で打ち込める仕事にも出会えた。結婚、転勤を経て、新天地での新しい挑戦も始まっている。入社前は想像もしなかった人生を送ることができています。

※EC長…EC(エンジニアリングセンター)と呼ばれる全国各地の拠点の所長。