大手自動車メーカーで、表彰されました。

YUTO KAWAHARA

MECHANICAL DESIGN

川原 佑仁
機械設計技術職 

CAD・CAM学科卒
2009年キャリア入社

ルーティンワークから抜け出し、
成長するために、メイテックへ。

専門学校での機械設計実習が楽しくて、機械エンジニアを志しました。卒業後、技術者派遣の会社に就職。そこでは、自動車のボデーのプレス金型設計を担当しました。ただ、仕事自体はおもしろかったけど、やることはずっと同じ業務。ずっと同じ派遣先。研修もないから、誰かから何かを教わる機会もない。このままじゃ成長できないんじゃないか。危機感を覚え、職場にいたメイテックの社員の方に相談したんです。そうしたら、いろんな勉強会があること、お客さま先も多種多様であることを話してもらいました。これがきっかけとなり、メイテックに興味を持ちました。調べてみると、研修制度がしっかり整備されているだけでなく、エンジニア主催の勉強会まであるらしい。ここなら成長できると思い、入社することに決めました。

あの大手自動車メーカーから、
信頼されるエンジニアだらけ。

配属先は、大手自動車メーカー。そこでエンジンダイキャストの金型設計を担当しました。驚いたのが、お客さま先の社員よりも業務に精通している先輩がいたこと。社員がわからないことを聞きに来るくらいのレベルなんです。頼りになる先輩たちだったので、なんでも気軽に質問できました。今後のキャリアモデルになるようなエンジニアが身近にいることが、メイテックで働くメリットかもしれません。その後、再びボデーのプレス金型設計を担当。同じ金型設計だったけれど、求められる技術と責任は前職以上。メイテックの信用の高さ、お客さまからの期待の大きさを、まざまざと実感しました。

定年まで、エンジニアとして活躍しつづける。

その後、同じお客さま先で、トランスミッションの設計を担当。過去2回、不具合が生じる恐れがあるため、採用見送りになっていた部品があったんです。3回目のトライを私が任され、原因調査をしました。それまでは材質だけ検討していてうまくいかなかったのですが、材質に加えて形状も検討し直すことを提案。その結果、不具合を解消でき、その部品がついに採用されることになったんです。原価低減に大きく貢献できました。全社表彰では、駆動分野において優秀賞をいただくという、うれしい出来事も。これはメイテックとしても初の快挙でした。今後は、エンジニアとしての幅をもっと広げたいですね。それに向けて現在、改善業務に加えて新規開発業務にも挑戦しているところです。まずは自動車で得意なことを増やし、自動車以外の製品にも応用できる地力をつけたいと考えています。得意分野をいくつか持っていれば、この先もずっとニーズのあるエンジニアでいられる。メイテックの先輩を見て学んだことです。メイテックにはたくさんのプロジェクトもあるし、非常に恵まれていますね。